気になるCADのスキルは?建築の求人

   


建築の求人で求められるのが、CADのスキルです。設計業務のみならず、現場でも必要とされるものです。CADとはパソコン上で図面を作成するためのソフトであり、使用用途によって多くの種類があります。業界で働くためには、その種類それぞれを使えることが必要です。スキルは事前に習得しておく方法もありますが、入社後に研修によって身に付ける方法もあります。いずれにしても、実務により訓練をつまなければ習得はできません。業界では単にCADができるだけでは、単純な作図作業しか任せてもらえません。業界で上の地位を目指すには、専門分野のスキルを身につける必要があります。意匠設計や構造、設備と機械の設備などの専門技術を取得することで、明るい未来が開けます。

CADの習得方法と実務による訓練

建築の求人では、CADのスキルを持っていることが条件とされている場合があります。条件を満たすためには専門学校等で学習する方法が効果的です。解説書を購入し、独学で習得する方法もありますが、一人で問題を解決しなければならないので時間がかかります。最近は入社後に研修でCADのスキルを身に付けさせる会社も増えてきました。会社の研修は実践的なので、効率的と言えます。CADは汎用性のあるスキルなので、どこで習得しても同じです。入社後に身に付けても遅くはないので、入社を優先させるほうが得策な場合もあります。スキルが入社の条件となっている場合は、事前にある程度は使えるようにしておく必要があります。業界で働くためには、図面作成のスキルは取得しておくに越したことはありません。

CAD習得後の展望と業界での活躍

建築の求人は主に設計と現場の部門に分かれます。設計では主に設計図の作成が行われます。現場では建設会社による総合的な管理業務と、それぞれの専門職種での工事が行われます。現場では実際に工事を行う職人と、報告書類や役所への提出書類の作成等を行う管理部門があります。設計でも現場においても、CADのスキルはますます必要とされています。設計部門では、単にスキルがあるだけでは単純な作図業務が任されるに過ぎません。本格的な設計業務を目指すのであれば、意匠と構造、電気と機械の設備関係の技術の習得が必要です。意匠と構造は大学や専門学校等での就学により習得するほうが効率的です。しかし、電気や機械の設備関係は実務でのスキルの取得が可能なので、入社を優先させる方法もあります。”